通信制高校とは

スクリーンショット 2016-01-16 9.33.33

高等学校には3種類の教育課程があります。1つは皆さんがご存知の「全日制高校」。これは昼間学校に通って勉強する一般的なスタイルの高校です。次に仕事の事情などで昼間学校に通えない学生のための「定時制高校」。学校に通わなければならないのは全日制と同じですが、開校時間は夜間になります。そして基本的に学校に通わず勉強できる「通信制高校」です。この3種類のどれであっても、等しく高校卒業として認められています。

全日制(昼間通学する)高校であれば3年間学校に通いながら各教科の単位を取得し、もし単位が足りなければ留年するシステムです。そのため、留年した場合に単位を取り終わった教科をもう一年勉強させられることになります。

通信制高校の場合は学年という考え方がありません。それそれの教科は単位制で、高校卒業に必要な74単位を取ることで卒業できます。科目や学習スピードなどは自分のペースに合わせて選び、単位を取っていくことができます。

勉強の進め方は?

通信制高校の学習は基本的にレポート提出で進めることになります。学校により多少の違いはありますが、以下のような学習方法になります。

  • 教科書を読み込み、勉強をする
  • 先生から出された課題にそってレポートを作成して提出する
  • 単位を取るための単位認定試験を受ける

単位認定試験に合格すれば、その科目の単位が取得できます。74単位以上取得すれば、無事卒業というわけです。学習スピードの速い人であれば1〜2年で74単位取得することも可能ですが、卒業には必ず3年の在籍期間が必要です。

学校には行かなくていいの?

通信制高校の最大のメリットが「学校に通わなくても勉強できる」というところです。しかし全く通わなくても良いというわけではありません。

スクーリングと呼ばれる対面授業を年間4日間〜(学校によって大きく異なる)受講しなければなりません。ただし全日制と比べると遥かに少ない日数ですので、通学の負担はそれほど大きくはありません。

それぞれの学校のスクーリング期間については、一括資料請求して調べてみると早いでしょう。あなたに合ったスクーリング期間を設定している学校をぜひ見つけてください。

入学・卒業の時期は?

入学の時期は、新たに高校に入学する「新入学」の場合は4月と10月の2回です。願書提出期限はそれよりも前になりますので、出し忘れがないように早めに準備が必要です。

卒業時期は毎年3月と9月の2回になります。

また他の学校に通学していた人が通信制高校に転校する場合は「転入」といい、前の学校の単位をそのまま引き継ぐことができます。転入についてはほとんどの学校で時期を問わずに受け入れてくれます。

一度高校を中退した人がもう一度通信制高校に入学しなおすことを「編入」といいます。編入は基本的に4月と10月に受け入れが行われますが、学校によってはそれ以外の時期にも入学できる場合があります。編入予定の方は、ご希望の学校の編入可能時期を確認してみましょう。

卒業に必要な要件は?

卒業に必要な要件は以下の3つです。

  1. 修業年数が通算(全ての学校を足して)3年以上であること
  2. 修得単位の合計が74単位以上であること
  3. 特別活動に30単位時間以上参加していること(1単位50分の学校行事です。修学旅行・体育祭・クラブ活動などがこれにあたります)

ズバットGIF

-通信制高校の A to Z