通信制高校の選び方|学費や学科など学校ごとの違いを把握しよう!

koukou03

全日制高校と同じように、通信制高校も学校によってその特徴は様々です。また授業料や受けられる科目にも違いがありますので、入学前に学校ごとの特徴をしっかり把握することが大切です。

まずは高校ごとにどんな違いがあるのか、高校を選ぶときのポイントを紹介します。

授業料を確認しよう

通信制高校にも全日制の高校と同じように公立と私立があります。この二つの学校は授業料が大きく違います。

公立高校は1単位あたりの授業料が180円〜1,200円程度です。卒業に必要な74単位で計算すると13,320円〜88,800円ととても安いのが特徴です。

私立高校は1単位あたりの授業料が5,000円〜12,000円程度です。卒業に必要な74単位で計算すると370,000円〜888,000円と、公立の10倍近い金額がかかることになります。

もちろんこれ以外にも入学金や諸経費などがかかりますので、卒業までに必要な費用は上の金額より増えます。

授業料はスクーリング(対面授業)の頻度によっても大きく変わりますので、高校選びの際には、その点にも注意して調べましょう。

通学区域を確認しよう

通信制高校には「広域通信制高校」と「狭域通信制高校」の2種類があります。

狭域通信制高校は、県単位での入学のみ許可されていて、離れた県に住む人が入学することはできません。(隣接する都道府県を含む場合があります)

広域通信制高校は、3つ以上の定められた都道府県、または全国すべての都道府県から入学が可能です。

離れた都道府県の学校に入学を希望する場合は広域通信高校から選びましょう。

学科を選ぼう

通信制高校には「普通科」「専門学科」「総合学科」があります。専門学科には福祉や情報技術など専門的な知識を学ぶ為の様々な学科があります。

なりたい職業や学びたい技術によって学科を選ぶことで、あなたの目標を実現する近道になります。

卒業後の進路を考えておこう

卒業後になりたい職業が決まっているのであれば、その職業にプラスになる学科がある高校を選びましょう。

もし次のステップとして大学進学を目指しているのであれば、普通科を選んでおくと良いでしょう。卒業後の進路を決めておくことで、学校も選びやすくなります。

スクーリング内容を確認しておこう

スクーリングの回数や時期などは学校ごとに大きく違います。

集中して行う合宿形式のスクーリングや、インターネットのストリーミング配信を利用したライブ授業など、学校ごとにいろんなスタイルを採用しています。あなたに合ったスクーリング形式の学校を選びましょう。

サポート校の併設

通信制高校は自分に合ったペースで勉強を進められる自由さがメリットですが、逆をいえば勉強を進める為には忍耐力・努力が必要です。

あなたの学習を進めるうえでフォローしてくれる「サポート校」と提携している通信制高校もあります。自分で学習カリキュラムを組むのが苦手なひとは、サポート校と提携した高校を選ぶことで単位取得がスムーズになるでしょう。

全日制高校・定時制高校の併設

通信制高校には、全日制・定時制高校が併設されているところもあります。

普通は通信制から全日制高校への編入はとても難しいものです。のちのち全日制高校へ編入を考えているひとは、編入のしやすい全日制高校が併設されている通信制高校を選びましょう。

ズバットGIF

-通信制高校の A to Z