通信制高校の入学から卒業までの流れ

koukou01

どの通信制高校へ入学するかが決まったら、次はその高校の入学から卒業までの簡単な流れを確認しておきましょう。

入学

基本的に通信制高校には入学試験はありません。まずは必要書類を準備して希望の高校へ願書を提出します。新入学の場合は4月と10月の年2回が入学時期となります。

学校の中には面接や作文などで入学の意欲を見るところもあります。

学習を進める:①レポート

通信制高校の学習は主にレポート(添削指導)で進めます。書いたレポートは学校に郵送し、先生の添削指導を待ちます。

現在ではPCやタブレットを使ったインターネット上でのレポート作成・添削指導など、便利な方法を採用した高校も増えてきています。

一般的には年間に50通〜60通程度のレポート提出が必要なようです。

学習を進める:②スクーリング

通学または特設会場での対面授業がスクーリングです。スクーリングは先生や他の生徒さんとコミュニケーションがとれる貴重な機会です。

一般的に年間20日〜25日程度の通学が必要ですが、学校によっては週3〜5回通学する全日制高校に近いスタイルや、短期間で集中的にスクーリングを行う合宿スタイルまで学校ごとに多様なスクーリング制度があります。

学習を進める:③単位取得試験

レポートの添削指導とスクーリングを受けると、単位取得のための試験を受けることになります。

一般的には30点以上で合格、29点以下は再試験となります。

卒業

通信制高校は3月と9月の2回が卒業シーズンになります。

通信制高校を卒業すると、全日制高校と同じ卒業資格を得ることができます。もちろん大学入試を受けることができます。

通信制高校を卒業する為には、通算3年以上の在籍と合計74単位以上の取得、30単位時間以上の特別活動への参加が必要です。

ズバットGIF

-通信制高校の A to Z