サポート校とは?

koukou14

サポート校(通信制サポート校)とは通信制高校に通う学生が短期間(3年間)で卒業できるように学習面や生活面を支援して、単位取得のサポートを行ったり、高校卒業程度認定試験の合格を目指す人に対して合格のサポートを行う民間の教育機関です。

通信制高校を卒業する為にはレポート添削・スクーリング(面接指導)・単位取得テストを通じて合計74単位を取得しなければなりません。これを全て自分の意志だけで進めていくのはなかなか難しいものです。サポート校の先生たちに学習の進め方を丁寧に指導してもらうことで、より高校を卒業しやすくなります。

サポート校の特徴

サポート校にもさまざまな特徴があります。自分の通う通信制高校や進路などにあわせて、いろいろな特色を持つサポート校を選びましょう。

豊富なカリキュラム

大学進学を目指すコースや、声優や漫画家などクリエイティブ業界を目指すコースなどいろいろなカリキュラム、またこれら業界の第一線で活躍するプロを講師として招いた特別授業など様々な学習が用意されています。

サポート校には、こうした自分の将来の目標や興味のあることに挑戦できる環境が整えられています。

豊富な通学スタイル

週に何回通学するのかを、自分の生活スタイルや目標によって決めることができます。

週1回から全日制高校と同じように週5回の通学まで自分のペースに合わせて通学ができます。全日制や定時制高校に通うことが難しい社会人の方でも、通学・学習を続けることができます。

また少人数での授業など一人一人に対して手厚いフォローも特徴です。学校によっては専任のスクールカウンセラーによるメンタルケアなどを受けることができます。

サポート校と通信制高校の違いとは

サポート校は高校卒業程度認定試験の合格や通信制高校の単位取得をサポートするスクールで、学校教育法に基づく高等学校とは違います。

なので、サポート校に通っただけでは高校卒業の資格を得ることはできません。いわば試験合格または単位取得の為の塾や予備校のような存在です。当然公立や私立といった区別もありません。

また通信制高校とサポート校は別の機関なので、通信制高校・サポート校それぞれに授業料を支払う必要があります。

サポート校の学費は

サポート校の学費は一般的に私立高校と同程度の費用がかかります。またサポート校は学校教育法に基づく高等学校ではありませんので、高校無償化による給付を受けることはできません。

年間の授業料は週何回通学するかによって大きく変わります。

例として通信制サポート校のKTC中央高等学院では年間授業料が

  • ウイークデイコース(月〜金の週5回通学):480,000円
  • ツーデイコース:(月〜金のうち週2回通学)240,000円
  • サタデイコース:(土曜のみ週1回通学)180,000円

上記のようになります。またこれとは別途入学金として100,000円が必要です。

サポート校の合同説明会

サポート校や通信制高校の合同説明会・合同相談会は学生の受け入れ月の4月と10月に合わせて、毎年2〜3月・9〜10月に実施されています。

会場は関東・東海・関西など地域ごとに、東京都・愛知県・大阪府・福岡県などの主要都市で実施されています。

対面で通信制高校やサポート校の説明を受けたい人は別ですが、説明会場に向かう時間と費用を節約したい人の場合は、志望校候補の資料一括請求を行うほうが早いでしょう。

-サポート校・単位制高校・高卒認定試験